【位置と眺め】バルコニールームがディズニーランドホテルに2017年4月分から新登場!

img_58750734bebac

2017年4月1日の宿泊分からディズニーランドホテルに新カテゴリー「バルコニールーム」が加わります。

新設されるのは「コンシェルジュ バルコニールーム(パークグランドビュー) (8階) 4名対応 ¥70,900~」と「コンシェルジュ バルコニーアルコーヴルーム(パークグランドビュー) (8階) 4名対応 ¥73,000~」の2種類です。5か月前の2016年11月1日から予約が可能となっています。

この変更に伴い、「コンシェルジュ スーペリアルーム(パークグランドビュー)」(*非4名対応)が予約ページからなくなりました。コンシェルジュタレットルーム(ダブル)を除いてコンシェルジュグレードは全て4名対応ということになりました。

今回はこのディズニーランドホテル・バルコニールームについて紹介していきます。

スポンサーリンク

ディズニーランドホテルにバルコニールームが新設!

コンシェルジュ バルコニールーム(パークグランドビュー)


©Disney

フロア コンシェルジュ
広さ 40m2
定員 大人4名
ベッドタイプ ツイン
眺望 東京ディズニーランドを正面に臨む
専用ラウンジ 使用可能
料金 ¥73,000~

こちらの客室は¥73,000~であるのに比べて、バルコニーなしの同タイプ部屋(8~9階)は最低料金が¥70,000~です。8階限定であるものの、その差額は¥3000です。ホテルミラコスタのバルコニールームやテラスルームも徐々に値上げされてきた経緯があり、まずは様子見といったところでしょうか。

上の公式画像の部屋は凹型にへこんだホテル中央部8階と思われます。

コンシェルジュ バルコニーアルコーヴルーム(パークグランドビュー)


©Disney

フロア コンシェルジュ
広さ 40m2
定員 大人4名
ベッドタイプ ツイン
眺望 東京ディズニーランドを正面に臨む
専用ラウンジ 使用可能
料金 ¥70,900~

こちらはアルコーヴタイプのお部屋です。価格は¥70,900~で、無印の¥67,900~と比較すると、やはり差額は¥3000の設定です。

追加ベッドなしで大人3名が別々のベッドで寝ることができますので、人数が多い場合にはオススメです。特徴的なアルコーヴベッドはリゾート気分を味わうにはぴったりでしょう。

バルコニールームの眺めは?

スポンサーリンク

バルコニールームはどこにある?【ディズニーランドホテル】

そして気になるのはバルコニールームの場所設定部屋数です。2017年4月以前までは、コンシェルジュグレードのスーペリアあるいはアルコーヴルーム(パークグランドビュー)に宿泊すると、運がよければバルコニー付きにアサインされました。

これまで分かっているのは、凹型にへこんだ中央部8階と9階にバルコニーが設置されていることです。青枠が「スーペリアルーム」2室、赤枠が「アルコーヴルーム」4室となります。

もし設定がこれだけだとすると、今回新設されるのは8階の「バルコニールーム」1室、8階の「バルコニーアルコーヴルーム」2室のみとなります。他にも左右にバルコニー付きの部屋がありますが、これらにはフェイクバルコニーが含まれるとの情報もあり、正確なことはまだよく分かりません。

また新設されるのは8階だけで、9階は含まれません。そのため9階のバルコニールームは、無印のコンシェルジュスーペリアルームあるいはアルコーヴルームを予約して、かつランダムでアサインされた場合にのみ宿泊できるということになります。

わざわざ9階のバルコニールームを省いた理由は何でしょうか。既存のカテゴリーの急な人気低下を避けるためでしょうか。バルコニー付きよりもバルコニーがない部屋が多いため、すべてを振り分けてしまうと、無印のコンシェルジュスーペリアルームやアルコーヴルームの人気が落ちることを心配したのかもしれません。

あるいは、ウェディングプランなどのためにホテル内で自由に回せる客室を確保しておきたいのかもしれません。実際ミラコスタのハーバーグランドビューはウェディングで宿泊される方が多いために、あまり一般の方に枠が回ってこないという前例があるからです。最上層のバルコニー付きをウェディングの際に希望される方は多いでしょうから、それだけで連日満室になってしまうことを懸念したのかもしれません。

今回のバルコニールーム新設に至ったのは、それだけバルコニー付きを希望される方が多かったということでしょう。事前にわざわざバルコニーをリクエストしていた方もそれなりにいたようです。本当かどうかは不明ですが、今回なくなった「コンシェルジュ スーペリアルーム(パークグランドビュー)」(*非4名対応)を予約するとバルコニー付きにアサインできる可能性が高まるという情報も出回っていました。

この辺は推測が多いので、2017年4月1日以降の実際の宿泊情報をもとに随時更新していきたいと思います。

バルコニールームからの眺め

バルコニールームの満室率は?

引用:夢はかなう!

(バルコニーアルコーヴルームからの眺め)

ディズニーランドホテルの客室一覧には掲載されているバルコニールームですが、2017年11月1日から予約が可能となる旨の大々的な告知や更新通知は行われませんでした。そのためかあまり話題にはのぼらないようです。

確かに既存の客室の再分類なので、あまり大げさにする必要はないというのはよくわかります。それでもミラコスタのピアッツァビューからピアッツァグランドビューが派生したときは大きな話題になったものです。

さて満室率はというと、まず今回なくなった「コンシェルジュ スーペリアルーム(パークグランドビュー)」(*非4名対応)は90~95%以上を維持していました。

一方、2017年1月時点で独自集計したバルコニールームとバルコニーアルコーヴルームの満室率は50~60%でした(4月~宿泊分)。

また無印のコンシェルジュ スーペリアルームとアルコーヴルームの満室率は40~50%でした。

ちなみに同時期に集計したホテルミラコスタの満室率は、トスカーナサイドが50~70%、ヴェネツィアサイドが60~75%、ポルトパラディーゾサイドが85~100%でした。

ディズニーランドホテルのバルコニールーム部屋数が比較的少ないことを考えると、そこまで満室率は高くない印象ですね。価格が通常タイプとあまり変わらないので2017年1月時点では狙い目の客室タイプです。

4月以降に客室内部の情報が出回ると、ミラコスタのように争奪戦が始まるかもしれません。引き続き注目していきたいと思います。

スポンサーリンク

東京ディズニーリゾートの宿泊プラン

JTBオススメ!
JTBの宿泊プラン
☑JTBは他の宿泊サイトと違い、最大6か月後までのミラコスタを含むディズニーホテル、周辺ホテルの予約が可能で、他が満室でも空室が見つかる場合があります。
JR・新幹線や飛行機がセットになったお得なプランも用意されています。
楽天トラベル
楽天トラベルの宿泊プラン
るるぶトラベル
るるぶトラベルの宿泊プラン
一休.com
一休.comの宿泊プラン